ベセルナクリームとニューキノロン系、彼氏への注意

性行為感染症として知られるものが多くなりましたが、その感染の際には原因となっている病原体に応じた治療薬が用いられます。多くの性行為感染症に対しては有効性の高い治療薬が開発されてきており、再発のリスクがある場合はあっても症状がなくなる程度までの治療が比較的容易なものが多くなってきています。現代において比較的多く見られるものに尿道炎や尖圭コンジローマがあります。尿道炎の多くはクラジミア感染によるものであり、以前はその治療に苦労がありました。細菌感染であるため抗生物質が有効と考えられるものの、古くから知られるペニシリン系の抗生物質が有効でないケースが多かったからです。しかし、ニューキノロン系の抗生物質が登場し、その有効性が確立されてきたことによってクラミジア感染は治療が容易になってきました。ニューキノロン系の治療薬もいくつもの種類が開発されたことで、一つが有効でなくとも別のニューキノロン系抗生物質を選ぶことが可能であり、少しの試行錯誤を行うことで治療が達成できるようになっています。一方、ベセルナクリームの登場によって尖圭コンジローマも治療が用意になりました。ベセルナクリームをイボに塗布することによってイボの除去と治療とが同時に達成可能だからです。以前は外科的手法によってイボを取り除くということがされてきましたが、ベセルナクリームがあることでその必要も減ってきています。彼氏のいる女性にとっては彼氏の病状を知るということが重要であり、尿道炎や尖圭コンジローマがある場合には自分も感染を疑わなければなりません。クラミジアやヒト乳頭腫ウイルスへの感染は女性の場合には気づきにくいため、彼氏に感染が疑われた場合に自分も疑うというのが賢明な考え方なのです。