塗り薬は清潔な肌に塗ろう

塗り薬は清潔な肌に塗ろうと言われています。
これは、塗り薬を塗る際には清潔な肌でないと効果が半減してしまうからです。
理由として、肌は身体の中でも露出している部分なので様々な状態にさらされます。
特にばい菌やウイルスなどが肌に付着していることもあり、薬を塗る時に一緒にばい菌やウイルスなどの不純物を含ませる場合があります。
また、身体の皮脂によって薬を弾く場合もあります。

一番良いとされている状態は、入浴後だと言われています。
これは、入浴によってばい菌やウイルスなどが洗い流された状態で、入浴さらに身体を温めるので免疫力などの向上も見込めることから塗り薬の効果も上がります。

清潔な肌に塗ることについては、塗り薬を処方される時に医師や薬剤師から説明があるのでどのように清潔な肌にすればよいか聞くことができるので参考にすることができます。
また、インターネットでも塗り薬に関する情報が医薬品関連の比較サイトや医師のブログやSNSでも公開されています。
塗り薬に関する基本情報から使用上の注意点、清潔な肌にするための方法といった役に立つ情報が充実しているので、塗り薬を使う前にチェックすることで参考にすることができます。